【不動産管理会社向けセミナー】S-FITが語る管理戸数の維持・拡大ノウハウについて


本セミナーは不動産管理会社様が事業拡大を行う中で、管理業務の中のお困りごと(入居率アップ、クレーム、新規受託営業、ITツール活用など)をどのような方法で解決しているのかをS-FIT様にディスカッション形式で赤裸々に語っていただきます。

==============================================
日時:3/5(木)18:00~20:00 ※開場時間17:30~

場所:株式会社スペースリー セミナールーム

住所:東京都渋谷区渋谷3-6-20 第五矢木ビル5階

会場URL:https://spacely.co.jp/aboutus

定員:40名

参加費:無料

※体調不良の際は参加を控えていただくよう、お願いいたします。

お申込URL:https://forms.gle/mrgmbycUq5dJMaF76

主催企業:株式会社スペースリー、株式会社シンカ、株式会社ターミナル

お問い合わせ先:株式会社ターミナル セミナー担当
        【TEL】03-6435-8061 【メール】support@terminals.jp

==============================================

今回のセミナーは下記2部構成で行います。

【第1部】
主催企業のご紹介と不動産テックの活用ヒントについて

主催企業のご紹介とそれぞれのサービスの活用方法のヒントを簡潔にご紹介させていただきます。

株式会社スペースリー

360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」を開発し、2016年11月の開始以来3年間で、不動産・ハウスメーカーなどの分野を中心に3,000社以上にサービス提供。スペースリーは、 リーズナブルな価格、 直感的な操作で、 ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。
他にはない遠隔接客機能や、手のひらサイズのVRグラス「カセット」の開発など技術力の評価は高く、2018年4月には、360度空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進す
るためのSpacely Labを設立し、研究開発を推進しています。

 

株式会社シンカ

電話の着信時にパソコンやタブレット、スマートフォンにお客様の様々な情報が表示されるクラウドサービス「カイクラ」を開発・提供。
高コストであった「CTI サービス」をクラウド化することにより低コスト化を実現。
設立からの 5 年間で、「カイクラ」導入数は約 1,400 社・2,000 拠点となり、また月次継続率は 99.3%を記録。
顧客対応における業務効率化、顧客満足度の向上や売上拡大につながる IT ツールとして、多くのメディアに取り上げられています。
2020年2月には、発表した調査レポートが複数テレビ番組に取り上げられ「固定電話恐怖症」がトレンド入り。

 

株式会社ターミナル

創業以来、不動産賃貸物件データ利用した「おとり広告検知システム」や「不正注文防止ソリューション」を提供。2019年4月には全国500社以上が利用する、AI賃料査定システム「スマサテ」を開発・販売の開始。現在はさらなる機能の拡充を行うため、AI賃料査定の精度向上研究や2020年4月ごろのリリースを目指した、一棟査定・鳥かご作成機能の作成を行っております。

 

【第2部】
S-FITが語る管理戸数の維持・拡大ノウハウについて

年間に約1,000戸以上の新規管理受託を行う同社が、どのように管理戸数を拡大し、また、既存顧客の維持・継続をしてきたかを実際の業務内容や工夫を赤裸々に語っていただきます。

株式会社S-FIT 管理部 新規受託課 

課長 匠健太郎様

<講演者紹介>
賃貸仲介の「お部屋探しCAFE ヘヤギメ!」を中心として、賃貸管理、開発、売買、リノベーション、介護賃貸、マンスリーマンションなど不動産に関する総合サービスをワンストップで提供を行っている同社で、複数の仲介店舗で店舗責任者を経験。その後、新規受託課 課長に就任。

関連記事