ダイニチ様「土地勘のない場所も査定ができ、管理につながりました」


株式会社 ダイニチ

業態: 不動産賃貸管理業・建物管理業・不動産仲介業・リフォーム請負業・不動産活用コンサル業

従業員数:46名

管理戸数:約8,000戸

今回はオンラインにて導入インタビューにご協力いただきました。
株式会社ダイニチ 石川様にお話しいただきました。

———御社のご紹介をお願いいたします。

千葉県浦安市、市川市を中心としたエリア特化型で不動産業を行っております。特に賃貸管理業はコアの事業となっており、約8,000戸の管理をしております。

———石川様の部署について教えてください。

・管理の新規受託の営業
・管理受託をしたオーナー担当業務
の二つが主な業務です。
管理の新規受託の営業は、新規のお客様へ管理のご提案を行うことがメインとなります。
オーナー担当業務は窓口業務および客付け、修繕のご提案、周辺物件のトレンド情報共有など多岐にわたり対応を行っております。

———査定のシーンや件数について教えてください。

具体的に話が進んでいる物件の査定を行っているので月に3~5件程度の査定を3名で行っております。

———賃料査定業務の手間のかかっている部分を教えてください。

査定や市場調査資料を作成するのに一件につき2、3時間かけて行っておりました。基本的に外回りの業務が多く、多くのオーナー様への直接訪問を行いアプローチをしているため、査定に時間がかけられず話が進まないケースもありました。

———スマサテを導入するに至った経緯、決め手について教えてください。

全管協の集まりでミノラス不動産様がスマサテの導入事例を紹介していたのがきっかけでした。すぐに連絡をして試してみました。すると、査定作業が2時間ほどかかっていたものが、15分で完了し、業務の効率化が図れると思いました。

また、別システムを以前、導入検討したこともあったのですがその際は別部署で使い勝手が合わず断念しました。

スマサテは使い勝手の面でもExcelデータでレポート出力されるのでアレンジが加えやすく、地場の不動産ならではの情報などを加えて利用しています。

———スマサテの具体的な使い方について教えてください。

メインの利用方法は具体的に話が進んでいるオーナーへ、ご提案資料を作成する際に利用しています。
また、効率化できた時間で会うことができていない新規のオーナーへの提案資料としても利用しています。スマサテレポートを利用した詳しい査定書、物件の提案資料をあらかじめお送りすることで具体的な話ができる角度が高まるのではないかと考え実施しています。

———スマサテの導入効果を教えてください

具体的な例でいうと、既存オーナーから相談のあったエリア外の物件をサブリースで受託できた例がありました。オーナーからはそのエリアに強い管理会社がいたら紹介してほしいと相談を受けたのですが、ちょうど自社でエリア拡大を考えていた地域だったため、スマサテを使ってすぐ査定を行い提案を行いました。もともと建物管理は引き受けていた地域ではありましたが、主要エリアに比べると土地勘がない中で、提案をスムーズにすることができました。
また、社内の賃料査定の基準となる金額がバラバラになっていたことがあり、スマサテを答え合わせや認識を合わせるためのツールとして利用ができました

———スマサテに何か求めることはありますか。
将来的に設備の付加価値がもっと細かく分かるといいなと思ってます。
防犯カメラ、IOT機器、スマートロックなど賃料に影響があるかなど。

———ご意見ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

 

関連記事