スマサテがIT導入補助金2019の対象となりました


この度、株式会社ターミナルが経済産業省の推進する「平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業(通称:IT導入補助金)」の「IT導入支援事業者」として認定されました。
AI賃料査定システム「スマサテ」ががIT導入補助金2019の対象となり、当システムの新規導入にあたり、補助対象者となる中小企業・小規模事業者は、費用の1/2以内、最大150万円未満の補助金の交付を受けることが可能です。

■IT導入補助金の申請について

補助金対象者 :日本国内で事業を行う中小企業・小規模事業者等
補助金額   :IT 導入補助金の申請期間中に「スマサテ」を新規導入いただいた場合、費用の1/2 以内、下限額40万円以上、上限額 150 万円未満
交付申請期間 :2019年7月17日(水)~8月23日(金)まで(二次公募)
補助金の交付申請については別途、補助金申請フォーマットへの入力が必要になります。

ご相談、お問い合わせ:info@terminals.jp

関連記事